『フランキー・ランドール・シングズ・アンド・スイングズ+1』 /フランキー・ランドール Frankie Randall Sings And Swings +1/Frankie Randall

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsスタンダード・ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘>『フランキー・ランドール・シングズ・アンド・スイングズ+1』/フランキー・ランドール

『フランキー・ランドール・シングズ・
アンド・スイングズ+1』 /
フランキー・ランドール
Frankie Randall Sings And Swings +1/
Frankie Randall
特別価格
 (YKCJ-308)
RCA 原盤
1964年録音 コンプリート版世界初登場
>>購入する  

  ナット・キングー・コールをアイドルにピアノの弾き語りとしてスタートしたフランキー・ランドールが、フランク・シナトラのスタイルへと大変貌と遂げた姿を捉えた名盤。アレンジャーにマーティ・ペイチを迎え、アート・ペッパー(アルト)やカンドリ兄弟(トランペット)、ハーブ・エリス(ギター)、シェリー・マン(ドラムス)らが参加した1枚。
 

1. She Loves Me/シー・ラヴズ・ミー >>試聴
2. My Kind Of Town/マイ・カインド・オブ・タウン>>試聴
3. When The World Was Young/ホエン・ザ・ワールド・ワズ・ヤング>>試聴
4. Our Waltz/アワー・ワルツ>>試聴
5. Once In A Lifetime/ワンス・イン・ア・ライフタイム>>試聴
6. Mimi/ミミ>>試聴
7. I Believe In You/アイ・ビリーヴ・イン・ユー>>試聴
8. One Morning In May/ワン・モーニング・イン・メイ>>試聴
9. Stay With Me/ステイ・ウィズ・ミー>>試聴
10. On The Other Side Of The Tracks/オン・ジ・アザー・サイド・オブ・ザ・トラックス>>試聴
11. As Long As She Needs Me/アズ・ロング・アズ・シー・ニーズ・ミー>>試聴
12. More/モア>>試聴
13. Bewitched/ビウィッチト>>試聴
 

チコ=フランキー

  しばらく前に東芝EMIから『リラクスン・ウィズ・チコ・ランドール』(ルーレット原盤 R/SR-25092)というアルバムが紙ジャケCDとしてリリースされファンを喜ばせたが、チコ・ランドールと本アルバムの主役フランキー・ランドールは同一人物である。ルーレットのあとRCAとレコーディング契約を結んでからフランキーと名前を変えたわけだが、ルーレットはRCAでのアルバムが頻繁にラジオから流れ始めるとちゃっかり冒頭のアルバムを『モア・オブ・フランキー・ランドール』(R/SR-25301)とタイトルを変えジャケットも一新して再発した。因みに、フランキー・ランドールの本名はフランク・リスボーナである。

アート・ペッパーの参加で知られるRCA第一作

 1964年にRCAビクターと契約したフランキー・ランドールは第一作の編曲者に以前から大好きだったマーティ・ペイチを起用した。そして、ペイチがアレンジャーになったことで、アルトにアート・ペッパーが入ることになった。ペイチが編曲しペッパーが参加したヴォーカル・アルバムには、『メル・トーメ・スイングズ・シューバート・アレイ』(ヴァーヴ)、『バック・イン・タウン/メル・トーメ』(ヴァーヴ)、『ミスター・イージー/ジェシー・ベルヴィン』(RCA)、『ポジティヴリー・ザ・モースト/ジョニー・ソマーズ』(ワーナー)、『ソングズ・アイ・ライク・トゥ・シング!/ヘレン・ヒュームズ』(コンテンポラリー)などがあり、いずれもヴォーカル・ファンだけでなくモダン・ジャズのファンからも珍重されてきた。そういった意味で今回のリリースを歓迎しているファンも多いことだろう。

フランキー・ランドールの経歴

 フランキー・ランドールことフランク・ジョセフ・リスボーナは1938年1月11日にイタリア系アメリカ人としてニュージャージー州パサイックで生まれた。“チコ”は“リトル・フランキー”といった意味のイタリア語のニックネームだという。7歳からクラシック・ピアノを習い、13歳の時にジャズに興味を持つようになった。ニュージャージーのクリフトン高校時代16歳で自分のピアノ・トリオを組んだが、歌手を探すのが大変だったので自ら歌うようになった。冒頭のアルバム『リラクスン・ウィズ・チコ・ランドール』を吹き込んだ時は18歳だったが、12曲中4曲が歌なしなのはその頃の名残であり、歌には当時アイドルにしていたナット・キング・コールの影響が見られる。その後はニューヨークやニュージャージーで活動していたが、1963年にマンハッタンの52丁目とブロードウェイ&8番街にあったジリーズというビストロのピアニスト&ヴォーカリストに迎えられた。ハウス・ピアニストのピーター・ネロが初アルバムを吹き込みそのキャンペーンをかねて全米ツアーに出かけてしまったため、オーナーのジリー・リゾーがランドールをロングアイランドのクラブで聞いてスカウトしたのだ。ジリーズでの活躍が評判になりRCAとの契約へと発展するわけだが、フランキーも本アルバムを発表したあと1964年にはジリーズを辞している。

フランキー・ランドールとフランク・シナトラ

 ところで、ジリーズときいてピンと来る人は相当のヴォーカル通あるいはフランク・シナトラのファンである。ジリー・リゾーはシナトラがもっとも心を許した友(兼用心棒的存在)であり、シナトラがニューヨークを訪れる時は必ずジリーズに立ち寄った。  フランキー・ランドールがシナトラと初めて会ったのはジリーズだった。ジリーズでの出演が始まって1週間もたたないある日、演奏中にシナトラが突然店に入ってきたのでビックリ仰天。高ぶる気持ちを抑えてその回のセットを終えてステージを降りると、ジリーが「なんで歌わなかったんだ?」と聞いてきた。「シナトラが入ってきたから緊張しちゃって」というと「彼はしょっちゅうここに来るんだぜ」といってシナトラのテーブルに案内してくれた。シナトラは一目でランドールを気に入り、近くに座るよう促した。最後のステージでランドールは恐る恐る歌も披露した。午前4時前にセットが終わると、ジリーは店を閉めキッチンにいって自分でランドールのために食事を作り、シナトラはランドールのピアノをバックに「いつかどこかで(Where Or When)」を歌ってくれた。ランドールにとって生涯最高の思い出にひとつになっている。

オリジナルLPとの違い

なお、今回のリリースはフランキーがRCAから買い取ったマスターテープを、シナトラのリプリーズ盤の録音でも知られる名録音技師リー・ハーシュバーグがリマスタリングしたディジタル音源をさらに24ビットでマスタリングしたものである。また、オリジナル・アルバムの12曲に加えて、本アルバムのセッションでシングル盤用にレコーディングされた「ビウィッチト」(シングル)を追録した。


【レコーディング・データ】
(1)(4)(6)(7):1964年8月20日/ハリウッド・RCAビクター・スタジオ
フランキー・ランドール(vo)
コンテ・カンドリ/ピート・カンドリ/アル・ポーシノ/レイ・トリスカリ/ステュ・ウィリアムソン(tp)、       
ミルト・バーンハート/ボブ・エネヴォルセン/ジョージ・ロバーツ + 氏名不詳1名(tb)、
ビル・パーキンス/ビル・フッド + 氏名不詳3名(sax)、
ドン・トレナー(p)、 ハーブ・エリス(g)、 ジョー・モンドラゴン(b)、 シェリー・マン(ds)、 
ラリー・バンカー/マイク・パチーコ(per)、 マーティ・ペイチ(arr & cond)

 (2)(8)(10)(11)(13):1964年8月21日/ハリウッド・RCAビクター・スタジオ
フランキー・ランドール(vo)
コンテ・カンドリ/アル・ポーシノ/レイ・トリスカリ/ステュ・ウィリアムソン(tp)、
ミルト・バーンハート/ボブ・エネヴォルセン/ジョン・ハリバートン/ヴァーン・フライリー/ジョージ・ロバーツ(tb)、
アート・ペッパー(as)、 ビル・パーキンス/チャーリー・ケネディ/ビル・フッド(sax)、
ドン・トレナー(p)、 ビル・ピットマン(g)、
ジョー・モンドラゴン(b)、 シェリー・マン(ds)、 ラリー・バンカー/マイク・パチーコ(per)、
バイオリン10本 、ビオラ4本、 チェロ4本、 マーティ・ペイチ(arr & cond)
    
 (3)(5)(9)(12):1964年8月22日/ハリウッド・RCAビクター・スタジオ
フランキー・ランドール(vo)
ドン・トレナー(p)、ハーブ・エリス(g)、ジョー・モンドラゴン(b)、シェリー・マン(ds)、
ラリー・バンカー/マイク・パチーコ(per)、マーティ・ペイチ(arr & cond) + ストリングス



【 曲目 】


(1)シー・ラヴズ・ミー
1963年4月にユージン・オニール劇場で開幕した同名のブロードウェイ・ミュージカルからの曲で、シェルダン・ハーニックが作詞、ジェリー・ボックが作曲した。スイング・アルバムのオープナーに相応しい軽快なナンバーだ。

(2)マイ・カインド・オブ・タウン
フランク・シナトラ、ディーン・マーティン、サミー・デイヴィス・ジュニアらシナトラ一家に加えて大先輩のビング・クロスビーも出演したミュージカル映画『七人の愚連隊』からの歌で、シナトラが歌って1964年度のアカデミー主題歌賞にノミネートされた。作詞はサミー・カーン、作曲はジミー・ヴァン・ヒューゼン。ランドールは舞台をシカゴからマンハッタンに変え、エンパイア・ステート・ビルやブロードウェイのほかジリーズも引用している。

(3)ホエン・ザ・ワールド・ワズ・ヤング
アンジェラ・ヴァニエールが作詞、M・フィリップ=ジェラールが作曲したシャンソンで、原題は「パリの騎士」。アメリカではジョニー・マーサーが英詞を書き、1950年にペギー・リーがデッカ盤で紹介した。

(4)アワー・ワルツ
1942年にオーケストラ・リーダーとして名高いデイヴィッド・ローズが自分のラジオ・ショウのテーマ曲として作曲したナンバーで、1943年にナット・バートンが歌詞をつけた。ランドールはワルツのビートを保ちながらフェイクしアタックしてグルーヴィーなスイング感をうまく出している。

(5)ワンス・イン・ア・ライフタイム
1961年にレスリー・ブリッカスとアンソニー・ニューリーが共作して、イギリスのステージ・ミュージカル『ストップ・ザ・ワールド ―― アイ・ウォント・トゥ・ゲット・オフ』でニューリー自身が歌った。このミュージカルのニューヨーク進出は1962年。サミー・デイヴィス・ジュニアの得意曲だった。

(6) ミミ
1932年のミュージカル映画『今晩は愛して頂戴ナ』のために、ロレンツ・ハートが作詞、リチャード・ロジャースが作曲したナンバーで、モーリス・シュヴァリエが英語とフランス語を交えて歌った。シュヴァリエの愛唱曲で、後年『ペペ』(1960)や『パリが恋する時』(1963)でも歌っている。ランドールは非常な急テンポにもかかわらずリズムも歌詞も崩れない。見事だ。

(7)アイ・ビリーヴ・イン・ユー
1961年のブロードウェイ・ミュージカル『努力しないで出世する方法』に使われたナンバーで、作詞作曲はフランク・レッサー。1966年の映画化(MGM)でも主役のロバート・モーズが歌った。シナトラも同じ年に録音しているが、それよりテンポにかなり速く設定して、違った仕上がりになっている。

(8)ワン・モーニング・イン・メイ
1933年にミッチェル・パリッシュが作詞、ホーギー・カーマイケルが作曲し、カーマイケル自身が紹介した。ランドールのスタッカート風の歌いぶりがフレッシュなサウンドを醸し出している。

(9)ステイ・ウィズ・ミー
1963年にキャロリン・リーが作詞、ジェローム・モロスが作曲して、映画『枢機卿』のテーマに使われた。最初にレコーディングしたのはフランク・シナトラ(リプリーズ)だった。シナトラの重厚さに対し、ランドールには憧憬を滲ませた清涼さがある。ヴィック・ダモンがRCAに吹き込んだ曲とは同名異曲。

(10)オン・ジ・アザー・サイド・オブ・ザ・トラックス
1962年のブロードウェイ・ミュージカル『リトル・ミー』のためにキャロリン・リーが作詞、彼女とコンビを組むことの多いサイ・コールマンが作曲した。ランドールの他に、トニー・ベネットやサラ・ヴォーンのレコードもある。26歳にしてこの余裕たっぷりの歌いぶりはどうだろう!

(11)アズ・ロング・アズ・シー・ニーズ・ミー
1960年にライオネル・バートが作詞作曲して、チャールズ・ディケンズの小説『オリヴァー・ツイスト』をイギリスでステージ・ミュージカル化した『オリヴァー』で紹介され、ニューヨーク公演(1963)でもジョージア・ブラウンが歌った。1968年にはキャロル・リード監督によって映画化された。

(12)モア
イタリア映画『世界残酷物語』(1962)のテーマ曲。英詞はノーマン・ニューウェル、作曲はリズ・オルトラーニとN・オリヴィエロ。1963年度のアカデミー主題歌賞にノミネートされた。日本ではアンディ・ウィリアムズのコロンビア盤が一番知られている。

(13)ビウィッチト (ボーナス・トラック)
ロレンツ・ハートとリチャード・ロジャースのコンビによるスタンダードではない。1964年9月17日に始まった人気TV番組『奥様は魔女』の主題歌で、シングル・リリースされた(47-8434)。作詞はハワード・グリーンフィールド、作曲はジャック・ケラー。このTVシリーズのリメーク(2005/ニコール・キッドマン主演)で使うレコード候補に挙がったが、ランドールの親友スティーヴ・ローレンスのコロンビア盤が採用されてしまった。




(2005年10月8日 三具保夫)
上にもどる
 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。