『いそしぎ+1』/ ピンキー・ウィンターズ The Shadow Of Your Smile/ Pinky Winters

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsスタンダード・ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘>『いそしぎ+1』/ピンキー・ウィンターズ


在庫僅少
『いそしぎ+1』/
ピンキー・ウィンターズ
The Shadow Of Your Smile/
Pinky Winters
特別価格
 (YKCJ-307)
Cellar Door 原盤
1983年録音 世界初登場
>>購入する  

   実力派シンガー、ピンキー・ウィンターズが伴侶のルー・リーヴィー(ピアノ)と、ワシントンで行われたグレート・・アメリカン・ソングブック・シリーズのコンサートで歌った際のライヴ録音。テーマは現代を代表する作曲家ジョニー・マンデルで、彼の主なの作品を網羅している。
 

 1. The Shadow Of Your Smile/いそしぎ >>試聴
 2. The Shining Sea/ザ・シャイニング・シー>>試聴
 3. Close Enough For Love/クロース・イナフ・フォr−・ラヴ>>試聴
 4. Theme from M*A*S*H/『マッシュ』のテーマ>>試聴
 5. You Are There/ユー・アー・ゼア>>試聴
 6. El Cajon/エルカホン>>試聴
 7. Emily/エミリー>>試聴
 8. Cinnamon And Clove/シナモン・アンド・クローヴ>>試聴
 9. A Time For Love/ア・タイム・フォー・ラヴ>>試聴
10. I Never Told You/アイ・ネヴァー・トールド・ユー>>試聴
11. Unless It's You/アンレス・イッツ・ユー>>試聴
12. Don't Look Back/ドント・ルック・バック>>試聴
13. Take Me Home/テイク・ミー・ホーム (ボーナス・トラック)>>試聴 
 

  「シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン・プレゼンツ」のヴォーカル・シリーズの第一弾の中に組み込まれたピンキー・ウィンターズの最新録音『レイン・サムタイムズ+1』(2001年9月吹き込み)が大変好評だったので、彼女の作品がシリーズの第二弾にも登場することになった。今回は、1983年2月27日のワシントンDCの「コーコラン・ギャラリー・オブ・アート」でのコンサートのライヴで、今まで全く未発表だった貴重な録音だ。

  このコンサートは、「ザ・グレート・アメリカン・ソングライターズ」とタイトルされた1982年から3年にかけてのコンサート・シリーズの一つで、彼女の他にもシャーリー・ホーン、シーラ・ジョーダン、ジャッキー・アンド・ロイ、マーク・マーフィー、クリス・コナー、ブロッサム・ディアリー、キャロル・スローン、デイヴ・フリシュバーグ、ボブ・ドロー、マーガレット・ホワイティングなどなどのシンガー達が一回ごとに入れ替わりで登場して、自分で選んだソングライターの作品を歌うコンサートだった。その中の幾つかは、ナショナル・パブリック・ラジオで放送もされ、一部はレコードにもなっている。このコンサート・シリーズは、2004年3月に脊髄膜炎のため亡くなったジョエル・E・シーゲルが企画したものだった。ジョエル・シーゲルは、ジャズや映画の評論家、レコード・プロデュ―サーで、一時、シャーリー・ホーンのマネージャーもやったり(彼は、彼女のマネージャーで来日した)、今やすっかりポピュラーになったイタリアの曲「ESTATE」の英詞をはじめ作詞家としても活躍した大変多才な人だった。

  彼がコンサートを企画する中で、「カリフォルニアで一番注目するべき歌手は、ピンキー・ウィンターズだ」ということをある時、このシリーズでホーギー・カーマイケルを歌ったデイヴ・フリシュバーグから聞いた。ジョエルは、勿論、ピンキー・ウィンターズのことを、ジェラルド・ウィギンス、チコ・ハミルトンなどと吹き込んだ『ロンリー・ワン』のアルバムで知ってはいたが、それから20年以上もたっていてアップ・トゥ・デートな彼女の状況は分からない。手紙のやり取りがあり、ちょうど、ジョエルの友人のリチャード・ロドニー・ベネットが仕事でロスアンジェルスへ行くので彼に託けたり、長い時間かかって、ピンキーのこのコンサートへの出演が決まったという。先に発売された『レイン・サムタイムズ』で絶妙な伴奏をつけているリチャード・ロドニー・ベネットが、ピンキーと出会ったのはこの頃だったという。

  ピンキーの記憶では、こうだ。彼女がハリウッドにあった「トゥー・ダラー・ビルズ」というクラブにボブ・フローレンスと出演している時に、リチャードがやってきた。そのクラブは、ピアノがなくピアノを自分で持ち込まなくてはならないような所で、フローレンスの機嫌は良くなく、彼女もあまり調子の良い時ではなかった。彼女は、その時、リチャードのことを全く知らなかった。「私は、あなたの10インチ・アルバムを持っている」というので初めは、ファンの一人くらいに思っていた。その時は、このコンサートの話は出ず、後に彼女がニューヨークへ行って、リチャードのアパートに招かれていた時、ジョエルから電話が入り、初めてコンサートの話が出たという。「どのソングライターの作品を取り上げたいか」と聞かれ、即座に大好きなジョニー・マンデルの名前を挙げた。相棒のルー・リーヴィーも全く同意見だった。彼女がマンデルに最初に出会ったのは、デイヴ・フリシュバーグの家だった。ある時、デイヴから電話があり「ジョニーが家に来るけど、会いたいか」というので、とるものも取りあえず駆けつけた。ジョニーとデイヴがちょうど「ユー・アー・ゼア」について話しているところだったという。そこでジョニーのピアノでデイヴが詞を書いたこの曲を歌わされた。大変印象深い出会いだったという。  

  ジョニー・マンデルは、1925年11月23日ニューヨーク生まれ。12歳の時に、既にビッグ・バンドのアレンジをしていたという。トランペットとトロンボーンの奏者で、ヴァイオリンのジョー・ヴェヌーティのバンドを皮切りにビリー・ロジャース、アーティ・ショウ、ジミー・ドーシー、バディ・リッチ、エリオット・ローレンス、ヘンリー・ジェロームなどのビッグ・バンドを渡り歩く。カウント・ベイシー楽団にもいたことがある。1954年にロスアンジェルスに落ち着き、フランク・シナトラ(アルバム『リンガ・ディン・ディン』)、トニー・ベネット、ペギー・リー、メル・トーメ、アニタ・オデイなど多くのシンガー、ミュージシャンのために編曲の仕事をした。彼の一大転機は、1958年の映画『私は死にたくない(I Want To Live!)』の音楽を担当したことだった。それで大きな評価を得て、その後、『卑怯者の勲章(The Americanization Of Emily)』、『いそしぎ(The Sandpiper)』、『アメリカ上陸作戦(The Russians Are Coming! The Russians Are Coming!)』、『動く標的(The Moving Target)』、『殺しの逢びき(An American Dream)』、『マッシュ(M*A*S*H)』、『さらば冬のかも(The Last Detail)』、『アガサ 愛の失踪事件(Agatha)』、『評決(The Verdict)』など、多くの映画音楽を手がけた。「いそしぎ」ではアカデミー賞に輝き、グラミー賞も4回とっている。コンテンポラリーな作曲家の代表的な一人で、特に彼の書くバラードの美しさは、定評がある。

  コンサートは、一時の子育ての為の引退からカムバックして間もないピンキーにとっては、何十年振りかの大きな聴衆を前にしてのものだった。多少神経質になったが、ロスでリハーサルを重ねてきているので上手く歌え、聴衆の反応も素晴らしく良かったという。
 





【 コンサートの模様 】


  コンサートは、ピンキー・ウィンターズの歌う、ジョニー・マンデルの最大のヒット・ナンバー「いそしぎ(The Shadow Of Your Smile)」から始まる。この歌は、言うでもなく、1965年のヴィンセント・ミネリ監督、エリザベス・テイラーとリチャード・バートン主演のMGM映画『いそしぎ』の主題歌で、その年のアカデミー主題歌賞に輝いた歌だ。作詞は、ポール・フランシス・ウェブスター。ピンキーは、ゆっくりとしたテンポでヴァースから入りしっとりとした歌を聞かせる。バックでサポートするルー・リーヴィーのピアノが光っている。ルーのソロになり、途中からビルのベースが入ってテンポをアップして流麗なピアノの演奏を披露、ピンキーもセカンド・コーラスではテンポを上げて軽くスイングする。素晴らしい歌と演奏だ。

  続く「ザ・シャイニング・シー」は、1966年の冷戦時代のコメディー映画『アメリカ上陸作戦』の主題歌で、歌詞はペギー・リーが書いている。映画のサウンド・トラックでは、アイリーン・クラールが歌っていた。いなくなってしまった彼を想う、輝く海が好きだった彼、貝殻を集めてくれた彼、ピンキー・ウィンターズの歌は、そんな場面を思い浮かべさせてくれるようだ。彼のところへ行きたい、「アイル・ゴー」という表現に思いがこもっている。ワン・コーラスで歌いきる素晴らしい歌だ。

  「クロース・イナフ・フォー・ラヴ」は、1978年のダスティン・ホフマンとヴァネッサ・レッドグレーヴ主演のアガサ・クリスティを主題にしたミステリー映画『アガサ 愛の失踪殺人事件』のクロージング・タイトルで流れたナンバー。ジョニー・マンデルの作品の中では、「いそしぎ」に続いて多くの歌手によって歌われている歌だ。作詞は、ポール・ウィリアムズ。ファースト・コーラスは、ルー・リーヴィーの玉を転がすようなピアノで、その後、ピンキーの「ユー・アンド・アイ、アン・アンマッチト・ペア」という歌になる、静かにしっとりと歌う中に情感がこもっていてエンディングのリピートが効いている。

  ここで、ルー・リーヴィーのピアノとビル・タカスのベースのデュオ演奏による『M*A*S*Hのテーマ』が入る。これは、1970年のロバート・アルトマン監督の朝鮮戦争の時の移動病院を舞台にした同名のブラック・コメディー映画の主題曲だ。ルー・リーヴィーは、力強いタッチで演奏する。

  「ユー・アー・ゼア」は、「アトーニー・バーニー」とか「ピール・ミー・ア・グレープ」などのウィットの利いた歌を書いている歌手でピアニストのデイヴ・フリシュバーグが、ジョニー・マンデルの曲に歌詞をつけたペーソスのある美しくも悲しい歌で、ごく最近のデビー・ブーン等多くの歌手が歌っている。フリシュバーグ本人も作詞に大変苦労したが、自身としては、好きな作品に数えている。前記の様にピンキーとジョニーの出会いの記念すべき歌だった。ジョニーは、「ピンキーは、この歌のチャンピオンだ。」といっていたという。マンデルが褒めるだけにピンキー・ウィンターズのこの歌は、大変強い印象を残す。

  ピンキーは次の曲「エルカホン」の裏話を紹介する。「ロスのジャズ・クラヴ“カーメロス”にルー・リーヴィーとサックスのアル・コーンが出演して、2時間の舞台を勤めて戻ってきて一息入れているところへ、ジョニー・マンデルから電話が入り、“今日のアル・コーンは、素晴らしかった。インスパイアーされたので一曲書いた”と言ってくれたのが、この曲だった。ここでは、ルー・リーヴィーの軽やかなタッチのピアノでアル・コーンの印象を描きあげる。ビル・タカスのベース・ソロもフィーチャーされる。アル・コーンは、ピンキーが一番好きなテナー奏者だ。

  「エミリー」は、ジョニー・マンデルが作曲、ジョニー・マーサーが作詞した。1964年のジュリー・アンドリュース、ジェームス・ガーナー主演のMGM映画『卑怯者の勲章』の主題歌で、シナトラやベネットなど多くの歌手が録音している、今やスタンダード・ナンバーだ。ここでは、ルー・リーヴィーのスロー・テンポのピアノ・ソロで1コーラス演奏した後、ピンキーの歌が入る。優しさの溢れる感じの歌だ。最後、ロング・トーンで消えてゆくところも印象的だ。

  「シナモン・アンド・クローヴ」は、アランとマリリン・バーグマン夫妻と書いたボサノヴァ・ナンバー。ルー・リーヴィーのピアノ・ソロを挟んでピンキーは、軽快に歌う、ここでは、ビル・タカスのベースが活躍する。

  続く、「ア・タイム・フォー・ラヴ」は、1966年のノーマン・メイラーの小説を基にしたワーナー映画『殺しの逢びき』の主題歌。歌詞は、ポール・フランシス・ウェブスターが書いている。ジョニー・マンデルの作品の中では、よく歌われるナンバーだが、ここでは、ルー・リーヴィーのしっとりとした、綺麗なピアノの演奏で聴かせる。プログラムを構成する中で、ルーが是非ピアノで演奏したいというので、歌は省くことにしたという。

  「アイ・ネヴァー・トールド・ユー」は、1969年のロバート・アルトマン監督の映画『雨にぬれた舗道(That Cold Day In The Park)』の主題歌。作詞は、アーサー・ハミルトン。「あなたが行ってしまって、初めて、私が、言わなかった言葉の大切さの意味に気がついた」といった自閉症気味の女性と偶然出合った男の関係を描いた悲しい映画の内容を示唆するような、ピンキーの湿り気のある表現力豊かな歌だ。ルーのサポートも特筆ものだ。

  「アンレス・イッツ・ユー」は、ブロッサム・ディアリーが『マイ・セレブリティ・イズ・ユー』のアルバムで、スー・レイニーがジョニー・マンデル作品集『クワイエット・ゼア』で歌っていたが、比較的知られていないラヴ・バラード。作詞はモーガン・エームス。ピンキーは、優しく話しかけるようにワン・コーラスで歌いきる。

  「ドント・ルック・バック」もあまり歌われないナンバーだ。ジョニー・マンデルが永年の友人で歌手のデイヴィッド・アレン(今回、彼の稀少盤『ジス・イズ・マイ・ラッキー・デイ』も同時発売)の為に書いた曲で、アレンはこの曲をタイトルにしたアルバムを作っていた。作詞は、ケイ・L・ダンハム。ここで、演奏の二人のミュージシャンを紹介して、スローなルー・リーヴィーのピアノの演奏に途中からビル・タカスのベースが入って、テンポ・アップする。ピンキーはハミングから、「心が若ければよい、過去を振り返るのはよしましょう」と言う歌に入る。見事な構成の歌で余韻を残してステージを終える。

  最後のボーナス曲「テーク・ミー・ホーム」は、マンデルの曲にアランとマリリン・バーグマン夫妻が作詞したもので、この録音は、この曲を売り出す為にルーのピアノの伴奏で、マンデルの家で録音されたデモ・テープ。シンセサイザーは、マンデル自身が弾いている。こんな上手い歌手が、何故もっと有名にならなかったか、と 不思議になるほど、素晴らしく説得力のある歌唱だ。

(1)〜(3)、(5)(7)(8)(10)〜(12)
ピンキー・ウィンターズ(vo)、ルー・リーヴィー(p)、ビル・タカス(b)
(4)(6)(9)
ルー・リーヴィー(p)、ビル・タカス(b)
(13)
ピンキー・ウィンターズ(vo)、ルー・リーヴィー(p)、ジョニー・マンデル(synth)
Recorded live at Corcoran Gallery, Washington, DC/February 27, 1983



(2005年10月 高田敬三)
上にもどる
 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。