『ムーンライト・ビカムズ・ユー』/谷口英治 Moonlight Becomes You/Eiji Taniguchi

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presents新録音シリーズ>『ムーンライト・ビカムズ・ユー』/ 谷口英治

『ムーンライト・ビカムズ・ユー』/
谷口英治
Moonlight Becomes You/
Eiji Taniguchi
特別価格
 (XQAM-1501)
SSJ 原盤
2006年録音  
>>購入する  

   21世紀のジャズ界をになうクラリネットの俊英 = 谷口英治が、今までのアルバム・コンセプトから離れ、新境地を拓くべく、スタンダード・ナンバーの美しさを最大限に引き出すことだけを考えて選曲しプレイした注目盤。
 


1. Moonlight Becomes You/ムーンライト・ビカムズ・ユー >>試聴
2. Nancy/ナンシー >>試聴
3. It's All Right With Me/イッツ・オーライト・ウィズ・ミー>>試聴
4. Too Close For Comfort/トゥー・クロース・フォー・コンフォート>>試聴
5. I Couldn't Sleep A Wink Last Night/恋に眠れぬ夜>>試聴
6. Wrap Your Troubles In Dreams/苦しみを夢にかくして>>試聴
7. The Things We Did Last Summer/過ぎし夏の想い出>>試聴
8. Deep Night/ディープ・ナイト>>試聴
9. These Foolish Things/ジーズ・フーリッシュ・シングズ>>試聴
10. I've Got The World On A String/アイヴ・ガット・ザ・ワールド・オン・ア・ストリング>>試聴
11. It's A Blue World/イッツ・ア・ブルー・ワールド>>試聴
12. Once I Loved/ワンス・アイ・ラヴド>>試聴
13. Moonlight Becomes You/ムーンライト・ビカムズ・ユー (リプリーズ)>>試聴
 

<私が「シナトラもの」をやる、ということ>

 はじめにお断りしておくが、私は熱烈なシナトラ信奉者ではない。(うわ〜ちょっと待った〜、シナトラ・ファンのみなさん、ディスクを放り投げないで!)  

  私は子供の頃から歌謡番組を見ても後ろのバンドばかりに興味が行って「あのバンド入りてェ〜」なんて考えてしまう根っからのインストルメンタル(器楽)人間なのだ。しかし、全米有数のメンバー達が奏でる最高品質のスコアと絡み合うシナトラの声を、まるでバンドスタンド側から彼の背中を眺めるような気分で長年うっとり私が耳にしてきたのも事実だ。こういうメ線からのシナトラ・トリビュートだってあっていいよねと、多少開き直りが入ってなくもない感じで、とにかくプロジェクトはスタートした。  

  さてあのゴージャスでドリーミーなシナトラ・ワールドにどうアプローチするかが問題であった。悩んだ末の結論がクラリネット+ギター・トリオというまるで反対の四畳半的世界。楽器を重ねてサウンドを膨らますという私の得意分野への退路を断つことで、かえってもと曲のイメージから自由になれるのではという作戦であった。ただし各曲のテーマ部分はシナトラの歌唱を介した解釈で吹くように心がけた。またシナトラにスコアを提供した名編曲家達へのオマージュとして、有名なオーケストレーションの「本歌どり」をそこここに仕掛けてみた。コアなファンならばニンマリのはずだ。

  ところでこの思い切った編成は、要となるギタリストとして畑さんの参加を前提としたものであった。その理由は ... 聴いていただければ語るを待たないであろう。ここにレギュラー陣であるジャンボさんとノブさんの「坊や、オトナはこうやるんだぜ♪」と言わんばかり、やり過ぎずやらな過ぎずの絶妙サポート。そしてシナトラをこよなく愛する制作サイドからの熱いエールに包まれて、私が今まで到達しえなかった境地にほんの少しだけ足を踏み入れられたような気がする。そう、バラードを吹いている時に横でシナトラが見守っているような、確かにそんな瞬間があった。本当だよ。   


谷口 英治

 
新 境 地 を 拓 い た 谷 口 英 治

 
 
 
谷口英治とのレコーディングの話が始まったのは2005年の暑い盛りだったと思う。ある用件で電話をしていた中から生まれたもので、秋口になってお互い真剣に考えるようになった。私が「谷口さん、もし一緒にアルバムを作るなら今までとは違ったものにしませんか」というと、彼も「今までの延長線上では三具さんとやる意味がない。今まではすべて自分で考えてきたが、今回は三具さんのアイディアに乗りたい」と、打てば響くような答が返ってきた。しからば、と出した条件が、
    (1) すべてスタンダード・ナンバーにする。
    (2) クラリネットであまりやらない曲、ただしクラリネットになじむ曲を選ぶ。
    (3) 原曲のメロディー・ラインを大切にする。ジャズである以上アドリブは当然だが、クラリネット特有のフリーキーなトーンは控える。  

  谷口にも異存はなかった。とはいえ、スタンダードといっても何百曲・何千曲とあるから、絞り込むのは容易ではない。ならば、スタンダード・ナンバーのスタンダード(模範的)・シンガー、そして審美眼の確かな「フランク・シナトラ」をキーワードに、彼のレパートリーから選ぼうということになった。

  年も押し迫った12月、私なりに50曲程度を選んでCD−R2枚に焼き、暮れから正月にかけて谷口にじっくりと聴いてもらった。谷口が「是非やりたい」と自薦してきた「イッツ・オーライト・ウィズ・ミー」と「ワンス・アイ・ラヴド」を加え、絞り込まれたのがここに収録された12曲である。アルバムのタイトルは『ムーンライト・ビカムズ・ユー』とした。ジャケットに使う写真はすでに決めてあり、その写真をながめていると、夢(=月)をテーマにした表題とそれに沿ったアルバム全体のムードがほしくなったからである。
 
  曲が決まってからやったことがもうひとつ。全12曲の歌詞を書き出して、谷口に渡したことだ。曲の意味するところをより深く理解し、音符との関連性を把握してもらいたかったからだが、日本には曲のコードさえ知っていれば事足りると思っているジャズ・ミュージシャンが実に多い。しかし、スタンダードを演奏する時は、歌手ではないからといって歌詞を疎かにすべきではないと思う。アルバム全編を通じて、ただただ音符が繰り出されていくのではなく、歌詞を吟じながら奏でている姿勢に気づくはずだ。レコーディングの間、谷口の譜面台にはアレンジ譜とともに歌詞が置かれていた。  

  レコーディングは3月5日一日で完了したが、そのために谷口は周到な準備を怠らなかった。アレンジを早々と完成させ、レコーディングの前の2日間をギグとリハーサルに充ててメンバーとの意思疎通を図った。選ばれたメンバーは気心の知れたジャンボ小野(b)と山下暢彦(ds)、それに「ギターは彼しかいない」とわざわざ大阪から呼び寄せた畑ひろしである。和気藹藹とした雰囲気の中にも緊張感溢れるレコーディングは午前10時にスタートし午後6時過ぎには全曲完了したが、余韻の覚めやらぬスタジオ内にひとり残った谷口はもう1曲しっとりと吹いて、長かった一日を締め括った。ラスト・トラックの「ムーンライト・ビカムズ・ユー」である。  

  今、仮編集盤を聞きながら書いているが、これはひょっとしたらクラリネット盤の『バラード』ではないかと思えてきた。別にコルトレーン盤を意識してプロデュース、レコーディングしたわけではないが、谷口とメンバー4人が心を一にして美しいメロディーと向かい合い畏敬の念を持ってプレイする姿勢とその結果は、ジャズメンによるスタンダード演奏のひとつのかたちを提示している、と思うに至ったのだ。巻頭言で谷口英治自身が書いているように、このアルバムは彼にとってニューワールドへの入り口、新次元への第一歩になることは間違いない。21世紀のジャズ界を背負う逸材のこれからがますます楽しみである。





【 曲目 】

(1)ムーンライト・ビカムズ・ユー
1942年にジョニー・バークが作詞、ジミー・ヴァン・ヒューゼンが作曲して、映画『モロッコへの道』でビング・クロスビーが歌った。ビング好みの明るくのびやかなバラードだが、最高作は「月」をテーマにしたアルバム『ムーンライト・シナトラ』(1965年録音・リプリーズ)で歌ったフランク・シナトラ。谷口英治クァルテットはアルバム全体に通じるメローでロマンティックな世界を創りあげていく。

(2)ナンシー
1940年に生まれたシナトラの長女ナンシーのために、コメディアンのフィル・シルヴァースが作詞、ジミー・ヴァン・ヒューゼンが作曲した1944年の愛らしいバラード。ジャズ・ファンならジョン・コルトレーンのアルバム『バラード』(インパルス)で聴いたことがあるはず。こういった曲は弄繰り回すと失敗する。谷口は原曲の美しさをたっぷりと歌わせ、畑もまたきわめて耽美的な演奏を展開する。

(3)イッツ・オーライト・ウィズ・ミー
コール・ポーターが作詞作曲して、1953年のブロードウェイ・ミュージカル『カンカン』で紹介された。シナトラは、1960年の映画化では物憂げに歌ったが、アルバム『LA・イズ・マイ・レイディ』(1984年・キューウェスト)では超アップテンポで歌った。谷口のグループもホットでスインギーなアプローチを見せるが、同時にコール・ポーターのウィットと洒落っ気も巧みに演出している。ジム・ホールを思わせる畑のシングル・トーンとコードワークが爽快だ。

(4)トゥー・クロース・フォー・コンフォート
ラリー・ホロフセナーとジョージ・ワイスが作詞、ジェリー・ボックが作曲した1956年の作品で、シナトラの親友サミー・デイヴィス・ジュニアがブロードウェイ・ミュージカル『ミスター・ワンダフル』で紹介した。シナトラの歌はスイング・アルバム『カム・ダンス・ウィズ・ミー』(1958年録音・キャピトル)に入っている。まず山下がジャズ・ワルツで入り、途中で4ビートを組み合わせことにより、演奏がより立体的になった。谷口のソロの疾走感が快い。

(5)恋に眠れぬ夜
シナトラが、初の本格的映画出演作『ハイアー・アンド・ハイアー』(RKO・本邦劇場未公開)で歌った。ハロルド・アダムソンが作詞、ジミー・マクヒューが作曲して、1944年度のアカデミー主題歌賞にノミネートされた。谷口は、シナトラ2度目のレコ−ド(1956年・キャピトル)のためにネルソン・リドルが書いたイントロを借用しながら、ドリーミーなバラード世界を築いていく。続く畑のギター・ソロは慎ましやかな気品に包まれているが、それはキャピトル時代のシナトラのラヴ・バラードに通じるものがある。

(6)苦しみを夢にかくして
1931年にテッド・コーラーが作詞、ハリー・バリスが作曲して、ビング・クロスビーが紹介したナンバー。シナトラのレコード(1954年録音・キャピトル)は中間派の中規模アンサンブルの伴奏で録音されたが、谷口はそのことを意識しつつも、各人にソロパートを用意して存分に歌わせる。畑が歌心溢れる小粋なソロを披露すれば、続く谷口も洒落っ気たっぷりにアドリブを決める

(7)過ぎし夏の想い出
1946年にサミー・カーンが作詞、ジューリィ・スタインが作曲して、シナトラのコロンビア盤がヒット・チャートの8位にランクされた。叙情的なシナトラに対し、軽快なテンポで歌ったナンシー・ウィルソンのキャピトル盤も印象的だった。クラリネットとギターの対話によって、燃え上がった夏の日の恋が残していった倦怠感を余すところなく表現している。

(8)ディープ・ナイト
有名な曲ではないが、ジャズ・ファンならソニー・クラークの人気盤『クール・ストラッティン』(ブルーノート)での演奏をご存知だろう。ハリー・ジェームス楽団と共演した1951年のコロンビア盤は、シナトラがスランプから脱出しつつあることを雄弁に物語っていた。1929年に当時の人気歌手ルディ・ヴァレーが作詞、チャーリー・ヘンダーソンが作曲してヴァレー自身の歌でヒットした。谷口はボサのリズムを用い、導入部にも工夫を凝らしている。ハリー・ジェームスへの対抗意識があったのか、谷口のアドリブはこのアルバム中最もアグレッシヴだが、一方の畑はクールにマイペースをキープしており、ふたりの対比がウェル・バランスしている。

(9)ジーズ・フーリッシュ・シングズ
畑ひろしのソロ・トラック。1935年にホルト・マーヴェルが作詞、ジャック・ストレイキーとハリー・リンクが作曲した英国産の歌。畑は関西を中心に活躍中の中堅ギタリストだが、このトラックはバラード奏者としての力量を十全に発揮している。

(10)アイヴ・ガット・ザ・ワールド・オン・ア・ストリング
1953年4月、シナトラが名アレンジャーのネルソン・リドルと初めて録音した記念すべき曲で、「シナトラ復活!」を強く印象づけたナンバー。1932年にテッド・コーラーが作詞、ハロルド・アーレンが作曲して、ハーレムのコットン・クラブで上演された『コットン・クラブ・レヴュー』で紹介された。クラリネットがジャンボのベースを挑発し、ベースがそれにキッチリと応えるインタラクティヴなデュオ・トラックだ。

(11)イッツ・ア・ブルー・ワールド
1939年にボブ・ライトとチェット・フォレストが共作し、翌年のミュージカル映画『ミュージック・イン・マイ・ハート』(本邦劇場未公開)でトニー・マーティンが紹介して、アカデミー主題歌賞にノミネートされた。オープン・ハーモニーを駆使したフォー・フレッシュメンのキャピトル盤が名高い。シナトラのレコードはキャピトルへの最後のアルバム『ポイント・オブ・ノー・リターン』(1961年録音)に入っている。ルンバのリズムを用いたアプローチが刺激的だし、途中で4ビートに変わる仕掛けが効果を上げている。

(12)ワンス・アイ・ラヴド
このアルバム唯一のボサノヴァ・ナンバーで、ポルトガル語による原詞はヴィニシウス・ジ・モラエス、英詞はレイ・ギルバート、作曲はアントニオ・カルロス・ジョビン。シナトラはアメリカ人シンガーによるボサノヴァ・アルバムの最高峰『フランシス・アルバート・シナトラ&アントニオ・カルロス・ジョビン』(1967年録音・リプリーズ)で歌っていた。谷口はこの曲の持つ気だるさともの哀しさをたっぷりと演出する。

(13)ムーンライト・ビカムズ・ユー (リプリーズ)
スタジオにひとり残った谷口が吹いたこのアルバムのテーマ曲。サビの少し前から入り、最後までしっとりと吹き切る。




(2006年6月19日 三具保夫)
上にもどる
 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。