『ナイス・ン・イージー』/マル・フィッチ Mal Content/ Mal Fitch

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsスタンダード・ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘>『ナイス・ン・イージー』/マル・フィッチ

『ナイス・ン・イージー』/
マル・フィッチ
Mal Content/
Mal Fitch
特別価格
 (XQAM-1004)
90th Floor 原盤
1960年録音 世界初CD化・日本初登場
>>購入する  

   ファン垂涎の名盤がついにCD化。ピアノ弾き語りの名手ながら、このフォーマットでのアルバムは2枚だけ。マット・デニスに通じる粋で洒脱な歌は一度聴くと絶対にクセになる。  
 


1. Nice 'N' Easy/ナイス・ン・イージー >>試聴
2. Polka Dots And Moonbeams/ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームズ>>試聴
3. You Stepped Out Of A Dream/ユー・ステップト・アウト・オブ・ア・ドリーム>>試聴
4. I'll Buy You A Star/アイル・バイ・ユー・ア・スター >>試聴
5. All Of You/オール・オブ・ユー>>試聴
6. Relax/リラックス>>試聴
7. East Of The Sun/イースト・オブ・ザ・サン>>試聴
8. Where Do We Go From Here/ホエア・ドゥ・ウィー・ゴー・フロム・ヒア >>試聴
9. Mighty Lonesome Feelin'/マイティ・ロンサム・フィーリン>>試聴
10. The Things We Did Last Summer/過ぎし夏の想い出>>試聴
11. Lull's Back In Town/ルルズ・バック・イン・タウン>>試聴
12. That's All/ザッツ・オール>>試聴
 

マット・デニス、ボブ・ドロー、そして...

 
 ジャズ・ヴォーカルの醍醐味を伝えるジャンルのひとつに弾き語りがある。弾き語りの中で圧倒的に多い楽器はピアノで、女性のピアノの弾き語りといえば、ブロッサム・デアリー、シャーリー・ホーン、ニーナ・シモン、ジェリ・サザーン、中堅ではダイアナ・クラールやカーリン・アリソンらの名が浮かぶ。カーメン・マクレエやサラ・ヴォーンも、昔はピアニストだったので、ごくごく稀に弾き語りも披露してくれた。
  男性の有名かつ最大のスターはナット・キング・コールとレイ・チャールズだが、ナット・コールがスーパースターになったのは後年歌一本でいくようになってからだし、ナット・コールばりの歌を聴かせていたレイ・チャールズがスターになったのはソウルというジャンルを確立してからで、その頃になるとバックには大オーケストラが控えるようになった。
  というわけで、純粋にそして全キャリアを通じでピアノの弾き語りに徹した男性シンガーはとなると、マット・デニス、ボビー・トループ、オルガンやアコーディオンも弾いたジョー・ムーニー、現役ではボブ・ドローといった都会派の白人シンガーたちがまず挙げられる。彼らに共通しているのは声の大小ではなく強弱や微妙なニュアンスで勝負する点だが、バディ・グレコやフランキー・ランドールは例外として、それは声量や音域に恵まれていないことの裏返しでもある。


マル・フィッチ概観

 
 本アルバムの主人公マル・フィッチもピアノの弾き語りの名手である。アルバムは3枚ほどしか残していないようだし、センセーショナルな話題を提供したこともない。
  マル・フィッチは1926年(従来は1927年生まれといわれていた)にオハイオ州のデンションで生まれた。6歳からヴァイオリンを習い、11歳で州主催の音楽コンテストに優勝し、13歳の時にトロンボーンを始め、15歳でジャズに魅せられるなど、若い頃から音楽への興味と才能を発揮し、ベサニー・カレッジに2年間学び、1946年に陸軍に入隊してからはバンド・リーダー、トロンボーン奏者、ディスク・ジョッキーとして活躍した。1948年の除隊後はバッハの教育で定評のあるボールドウィン=ウォレス・カレッジで指揮法を学び、1950年に学位を取得している。その後はピアノの弾き語りとしてボルティモア、デイトン、クリーヴランド、デトロイト、ダラス等の一流クラブやホテルに出演した。1955年から56年にかけてカナダ出身のクルーカッツというコーラス・グループのピアニスト&コンダクター&アレンジャーとなり、ベティ・ベイカーと結婚してからはふたりでヴォーカル・デュオを組んで、ダラスを中心に人気を集めた。
  クルーカッツは1955年にマーキュリー・レコードとの契約に成功し、その関係からマルは2カ月後の7月に念願のソロ・アルバムをマーキュリーの傍系エマーシーに録音した。それが、日本でも一度LPで出た『マル・フィッチ』(MG-36041)である。バックはマルを中心としたピアノ・トリオにサム・テイラーのテナーが絡む構成で、「ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ」や「エヴリタイム・ウィー・セイ・グッドバイ」「タイム・アフター・タイム」等スタンダード12曲を歌っている。


ダラスで吹き込まれたローカルなアルバム
 
 本作はテキサス州ダラスにあった90thフロアというユニークな名前の小レーベルから僅かな期間だけリリースされていたアルバムだが、一度聴くと手元に置きたくなるアルバムで、その存在を知ったヴォーカルや弾き語りのファンが今もオリジナル盤LPを探し求めている。
  本人の記憶によれば録音は1960年で、ダラスのダウンタウンにあったスタジオで深夜の2時頃から行われたという。バックはバンクス・ダイモンのドラムスとクロード・グウィンのベースで、ダイモンがインティミトなムードのシンガーを探していた 90th フロア・レーベルの社長ブルース・コリアー(Bruce Collier)にマルを紹介したことから実現した。
  レコーディング後のマルの消息はほとんど知られていないが、1963年から1994年まで妻のベティを専属歌手にビッグバンドを率いて活躍し、テキサス州知事主催のパーティーには必ず呼ばれたというから、テキサスでは相当の名士なのだろう。1969年には3,000名の観客を前にしたステージを収録したLP“Mal Fitch Orchestra Live”を自費出版しており、ベティの歌も聴かれる。レーベルは Betlam というが、これは Bet(=Betty) + lam(=Mal)のようにふたりの名前をもじったものである。ベティは2000年に亡くなったが、マルは今もテキサスで元気に暮らしており、「63年間のショウビズ生活を38分間でふりかえる」というショウをやっている。



90thフロア・レコードとは?
 
 この際、本アルバムを吹き込んだ90th フロア・レコード にも多少触れておこうと思う。レーベル主のブルース・コリアーは1958年、20歳を少し過ぎた頃ダラスに移り住んできた。ジャズ・ファンだった彼は、街の北部マッキニー・アヴェニュー 2900 の倉庫を改造した ザ 90th フロアという一風変わった名前のナイトクラブに出入りし、オーナーでありパフォーマーであるディック&キズ・ハープ夫妻と親しくなった。彼らのショウをライヴ・レコーディングする許可を得たことから1959年に設立したのが 90th フロア・レーベルである。今回同時発売される“Dick And Kiz At The 90th Floor” がリリース第一号で、同グループの第二弾やマル・フィッチの本作など水準の高いアルバムを発表して、地元ダラスやテキサス州はもとより、ロサンゼルスやニューヨーク、シカゴでもじわじわとファン層を広げていった。キャピトル・レコードの創設者のひとりグレン・ウォリクスが経営していたロスのレコード店「ミュージック・シティー」には 90th フロア レーベルのコーナーがあった、とシンガー・ピアニストのベティ・ブライアントは証言している。
  200席を擁したこの ザ 90th フロアというクラブはしっかりと音楽を聴くことを観客に求めた。前述のディック&キズのアルバムのジャケットに “FOR LISTENERES ONLY” と書かれているのはそのためである。このクラブはダラスで一番ホットなライヴ・スポットとなり、トニー・ベネットやマレーネ・ディートリッヒを始めダラスに滞在した多くのスターたちも聴きに訪れた。
  順調にスタートしたかに見えた 90th・フロア・レーベルだが、初アルバムのリリースを控えた1959年12月にキズ・ハープが脳内出血により急死してしまう。残されたディック・ハープは1963年に店を閉め写真家へと転進し、ブルース・コリアーは1961年に徴兵され1963年にヴェトナムから戻ってきたが、友人たちが留守の間経営してくれていたレーベルをあっさり閉じてしまった。コリアーが 90th フロア・レーベルを復活させたのは35年後の1998年である。






【 曲目 】

(1)ナイス・ン・イージー
 フランク・シナトラのためにアラン・バーグマンとマリリン・キースが作詞、ルー・スペンスが作曲した粋なナンバー。1960年にレコーディングされたシナトラのキャピトル盤はヒットチャートで60位だったが、この曲を冠したアルバムはアルバム・チャートのトップに立った。

2)ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームズ
 1940年にジョニー・バークが作詞、ジミー・ヴァン・ヒューゼンが作曲して、フランク・シナトラをフィーチャーしたトミー・ドーシー楽団のヴィクター盤がヒットチャートの18位にランクされた。ポエティックな雰囲気と懐かしさを感じさせる素朴なナンバーだ。

(3)ユー・ステップト・アウト・オブ・ア・ドリーム
 1940年にガス・カーンが作詞、ナシオ・ハーブ・ブラウンが作曲して、ジュディ・ガーランド、ヘディ・ラマー、ラナ・ターナーを軸に展開する1941年のミュージカル映画『美人劇場』でトニー・マーティンが歌った。

(4)アイル・バイ・ユー・ア・スター
 1951年にドロシー・フィールズが作詞、アーサー・シュワルツが作曲して、ブロードウェイ・ミュージカル『ア・トゥリー・グローズ・イン・ブルックリン』でジョニー・ジョンストンが紹介した。

(5)オール・オブー・ユー
 
オリジナルLPのクレジットは間違っている。正しくはコール・ポーターの作詞作曲で、1955年のブロードウェイ・ミュージカル『シルク・ストッキングス』でドン・アメチが歌い、1957年の映画化『絹の靴下』ではフレッド・アステアが歌った。

(6)リラックス
 
マルと同じく弾き語りの名手マット・デニスの作品だが、あまり歌っている人はいないようだ。マット・デニス自身の歌とピアノ演奏がライヴ盤の『デニス・エニワン!』(RCA)で聴ける。

(7)イースト・オブ・ザ・サン
 
1934年にブルックス・ボウマンが作詞作曲した、スケールの大きなスケールの愛の歌で、レビュー『スタグス・アット・ベイ』で紹介された。

(8)ホエア・ドゥ・ウィー・ゴー・フロム・ヒア
 作詞がアール・ブレント、作曲がマット・デニス、つまり名曲「エンジェル・アイズ」のコンビの作品である。これも『デニス・エニワン!』に入っていた。

(9)マイティ・ロンサム・フィーリン
 
サミー・ギャロップが作詞、アーサー・ケントが作曲した歌で、ジューン・ヴァリがレコーディングしている。アーサー・ケントと云われてもピンと来ないかも知れないが、スキーター・デイヴィスやブレンダ・リー、ジュリー・ロンドンでヒットした「この世の果てまで」(1962)の作曲者である。

(10)過ぎし夏の想い出
 1946年にサミー・カーンが作詞、ジューリィ・スタインが作曲して、フランク・シナトラのコロンビア盤がヒットした。しみじみとした佳曲で、マルの渋い声と歌にマッチしている。

(11)ルルズ・バック・イン・タウン
 
メル・トーメの得意曲として知られる軽快なナンバー。1935年にアル・デュービンが作詞、ハリー・ウォーレンが作曲して、ミュージカル映画『ブロードウェイ・ゴンドリエ』(本邦劇場未公開)でディック・パウエルとミルス・ブラザースが歌った。

(12)ザッツ・オール
 
1952年にアラン・ブラントが作詞、バラード歌手ディック・ヘイムズの弟のボブ・ヘイムズが作曲した美しいラヴ・ソング。ナット・キング・コールのキャピトル盤がヒットした。



(2006年6月6日 三具保夫)
上にもどる

 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。